最新WiMAX端末Speed Wi-Fi NEXT W01が新発売!

Speed Wi-Fi NEXT W01


Wi-Fi WALKER HWD15に次いで、2015年1月30日から、WiMAXの新端末Speed Wi-Fi NEXT W01が発売されます。
このSpeed Wi-Fi NEXT W01ですが、キャリアアグリゲーションに対応している点が特徴で、220Mbpsもの高速通信を行う事が出来ます。



それに伴い、UQ WiMAXでは、新料金プランであるUQ Flat ツープラス ギガ放題を発表しました。
現在、UQ FlatツープラスからUQ Flat ツープラス ギガ放題への乗り換えは無料で行う事が出来ます。
ですから、プランの特徴を確認しつつ、あなたの使用方法に合ったプランを選ぶと良いでしょう。



順次、色々なプロバイダーでSpeed Wi-Fi NEXT W01の取り扱いを開始する事でしょう。
その際、キャンペーンを比較検討するでしょうが、プロバイダーのサポート対応も気にしつつ、選択したいものです。(より)



Speed Wi-Fi NEXT W01の購入は、WiMAXの契約と同時に購入する方が良いです。
そうすれば、破格の価格でSpeed Wi-Fi NEXT W01を購入する事が出来ます。



詳しくは、UQ WiMAXの公式サイトにてご確認下さい。



UQ WiMAXの公式サイトはこちら
UQ WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT W01はWiMAX回線に非対応!?

Speed Wi-Fi NEXT W01が対応している通信回線はWiMAX 2+au 4G LTEの2回線です。
実は、Speed Wi-Fi NEXT W01はWiMAX回線には非対応なのです。



ですが、現在、WiMAX 2+の対応エリアはWiMAXの対応エリアを凌ぐ勢いで広がっています。
ですから、そんなに気にする必要はありません。



Speed Wi-Fi NEXT W01が使用不可!?



また、Speed Wi-Fi NEXT W01はau 4G LTEにも対応しています。
au 4G LTEはauの基地局を使用して通信を行う回線です。
ですから、広い地域で使用する事が出来る点が特徴です。



ただし、auの回線を使用する関係上、使用した月は、1,005円の月額料金が取られてしまいます。
また、速度制限の規制も厳し目ですから、多用するのでは無く、あくまでも補助的に使用するのをお勧めします。

WiMAX 2+の速度制限は?

通信エリアの問題は無いとしても、気になるのが速度制限の問題です。
と言うのも、WiMAX回線とは違って、WiMAX 2+やau 4G LTEは速度制限の規制対象となるからです。
とは言え、契約する料金プランによって、WiMAX 2+に関しては速度制限の規制が緩和されます。



UQ Flatツープラスと言う料金プランでWiMAXの契約を行った場合、契約から25ヶ月間のWiMAX 2+の通信量は7G制限の計算から免除されます。
ですから、この期間はau 4G LTEの通信量のみを気にすれば良いと言う事になります。



UQ Flatツープラス auスマホ割と言う料金プランでWiMAXの契約を行い、更に、auショップでauスマートバリューmineの契約を行ったとします。
すると、auスマートバリューmineに加入している間はずっと、WiMAX 2+の通信量が7G制限の計算から免除されます。



UQ Flat ツープラス ギガ放題と言う料金プランでWiMAXの契約を行った場合、期限無く、WiMAX 2+の通信量は7G制限の計算から免除されます。
ただし、他の料金プランとは違って、UQ Flat ツープラス ギガ放題の月額料金は、若干高くなります。



速度制限無しで高速通信を



いずれの料金プランを選択しても、au 4G LTEの通信量が1ヶ月内で7GBを超過してしまった場合は、WiMAX 2+にも速度制限がかかってしまいます。
ですから、au 4G LTEでの通信のし過ぎには注意する必要があります。



また、いずれの料金プランにしろ、WiMAX 2+の通信量が3日間内で3GBを超えてしまった場合、速度制限をかけられてしまう事があります。
エリアの通信状況が混雑状態にある場合、混雑回避の為の速度制限が24時間かけられてしまいます。
とは言え、他のモバイルインターネットサービスよりも2GB分通信量が多いので、その分、規制が緩いとも言えます。



詳しくは、UQ WiMAXの公式サイトをご覧下さい。



UQ WiMAXの公式サイトはこちら
UQ WiMAX